クリニック紹介

白内障

緑内障

ドライアイ

糖尿病網膜症

網膜静脈閉塞症

コンタクトレンズ・眼鏡処方


QRコードで簡単アクセス

患者の気持ち

院内の写真

機器の写真

◆ レフラクト・ノンコン

写真右側の機器がレフラクトメーターと呼ばれる機器で、遠視・乱視の程度と角膜の形状を測定します。

写真左は、ノンコンタクトトノメーターと呼ばれる機器で、空気を用いで眼圧を測定します。

◆ 視野計

ハンフリー視野計という機器で緑内障などの視力測定をします。



◆ ゴールドマン動的視野計(GP)

動的視野測定法の代表的な検査で、ハンフリーよりも広い範囲における視野の全体像を調べるのに適しています。



◆ 角膜内皮顕微鏡検査装置

スペキュラーマイクロスコープは角膜の一番内側にある細胞の数を測定したり、形を観察することができます。 主にコンタクトの使用者に定期的に細胞数の減少がないかチェックを行います。



◆ レーザー凝固装置

糖尿病網膜症、網膜裂孔、急性緑内障などのレーザー治療に使用します。



◆ 光干渉断層計(OCT)

OCTは、網膜の断層検査をする装置です。

緑内障、加齢黄斑変性、糖尿病網膜症、黄斑浮腫、黄斑円孔などの診断、治療に役立ち、経過観察を効果的に行うことが出来ます。