診療案内

白内障

緑内障

ドライアイ

糖尿病網膜症

網膜静脈閉塞症

コンタクトレンズ・眼鏡処方


QRコードで簡単アクセス

患者の気持ち

外来診療のご案内

目の症状でお困りのことがあればいつでもご相談ください。

◎ 眼科一般診療

視力の低下(近視・遠視・乱視・老視)・斜視・弱視・コンタクトレンズ、メガネ処方・眼精疲労・ドライアイ・ものもらい・お子さまの検診など


◎ 外眼部疾患の診断・治療

結膜炎・逆まつ毛・外傷・異物など


◎ 眼底疾患の診断・治療

白内障・緑内障・ドライアイ・視神経疾患・糖尿病網膜症、網膜静脈閉塞症など

よくある目の病気について

◆ 白内障

白内障は、目の中の水晶体が加齢とともに濁ってくるため光を遮り、ものがぼんやり曇りガラスのように見えにくくなる症状のことをいいます。


⇒ 白内障の詳細はこちら


◆ 緑内障

緑内障とは、眼球の後ろにある視神経が傷んでしまう病気のことをいいます。
視神経の一部が欠損すると視野の一部が欠けて見えなくなる視野欠損や視野が狭くなる視野狭窄が起こります。緑内障は、自覚しづらい病気のため、40歳を超えたら定期的な検査を受けることをお勧めします。


⇒ 緑内障の詳細はこちら


◆ ドライアイ

ドライアイは、涙の量が少なかったり、成分が変化する事により、眼球の表面が乾燥し、傷や障害が生じる病気です。重症になると眼の表面に無数の傷がついている場合もあります。目が重い、めやにが出る、目が疲れるなど不快な症状がある場合は、一度ご相談ください。


⇒ ドライアイの詳細はこちら


◆ 糖尿病網膜症

糖尿病の合併症の一つで網膜の毛細血管が閉塞して血のめぐりが悪くなり、硝子体の出血や黄斑部の浮腫、さらに進行すると牽引性の網膜剥離を起し視力が低下します。
この病気は自覚症状に乏しく進行している場合には、網膜症に対してレーザー治療で病状の進行を抑制する治療が必要になります。


⇒ 糖尿病網膜症の詳細はこちら


◆ 網膜静脈閉塞症

網膜の静脈に血栓ができて血液が流れなくなる病気で主に浮腫や眼底出血が起こります。
また高齢で高血圧の人がかかりやすいのも特徴です。


⇒ 網膜静脈閉塞症の詳細はこちら